■プロフィール

aki

Author:aki
幸せのためのカウンセリング
《akiカウンセリング》のakiです。

21年のフランス生活に終止符を打って2004年に帰国しました。

クライアントさんの癒し、幸せのために必要な 「愛」 「光」 「叡智」 をお伝えできる器でありたい・・・

そんな想いでカウンセリングをしています。

※写真はakiカウンセリングルームの前に広がる景色です。

■ご訪問ありがとうございます

■最近の記事
■リンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夢の中に現われたインナーチャイルド
3日前に夢を見ました。

白龍が回転しながら天に昇っていく夢でした。
私は急いで携帯を出し、写真を撮ろうとしたんだけれど、小さな男の子が携帯カメラをのぞき込んでくる。
「わぁっ、じゃま!ちょっとまって!」
でも、その男の子はどいてくれなくて、結局写真が撮れませんでした。
「なんでじゃましたの?」
その男の子は言いました。
「相手してほしかったから」
私はなんだかその男の子がかわいそうになって、その後、ずーっと抱っこしてあげていました・・・

       -----------------------------------------

最近、面倒くさくて夢日記を書くのを止めているのだけれど、でも、もう勤めも辞めたし、朝も自分のペースでゆっくりできるので(幸せ!)、また始めようかなと思っています。

実は、この夢の直後、自分の意識と身体にシフトが起こりました。

私はなぜか子供のころから「・・・しなければならない」「・・・でなければならない」と自分を律しながら生きてきたように思います。
今の自分を受け入れずに、つねにもっともっとと上を目指し、今という時間を思いっきり味わうこともできず、つねに先のことを考える。なにかいつも焦っている。そんな自分でした。

子供のころから自分の思考でハートを律しながら生きたんでしょうね。
ありのままの自分を受け入れられなくて、いつも自分の理想とする姿を演じながら生きようとしてきたのかもしれません。

その結果、ストレスや緊張が自分の中に溜まるようになり、人とのコミュニケーションが苦手になり、人前で字を書くときに手が震えたり、すぐに赤面したり、大勢の前で話をするときにガクガクに震えてしまったり・・・
そして、いつも思考で話をする習慣がついてしまい、いつのまにか自分が本当に感じていることがなんなのかもわからなくなってしまっていました。

さて、この夢の直後、自分にはまだまだ子供のころから溜め込んでいるストレスや緊張のエネルギーが残っていることがわかりました。
そして、若いころから抱えてきたいろんな問題の原因はここにあったんだなと感じるようになりました。

夢の中の男の子をずーっと抱っこしてあげたように、ストレスや緊張を抱え込んでいる自分がいるんだな~って、静かに受け入れて認めてあげていると、ふしぎふしぎ(!)、自分の心も身体も(一瞬で身体が柔らかくなった!)どんどんと楽になっていくんですよ。

若いころから、悩んでいる自分、問題を抱えている自分を変えようと、いっぱい本を読んだり、いろんな事を試したり。でも、ほとんど効果なし。それでまた悩み・・・ ずーっとその繰り返し。

自分が変わることがなかったのは、悩んでいる自分、問題を抱えている自分を拒否していたからですね。
本当は、悩んでいるそのままの自分、問題を抱えているそのままの自分を抱きしめてあげるだけでよかったんですね。

夢の中の男の子は、自分のインナーチャイルドの声だったんです。


※ 実は、しばらく影を潜めていた緊張エネルギーや自己嫌悪感などが吹き出してきて、えぇーーー、またーーー!という超イヤな気分で落ち込んでいた夜にこの夢を見ました。やっぱり、ちゃーんと導かれているんだな~という安心感に包まれたのでした。(^_^)

いつも応援ありがとうございます。
    ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト
| 11:28:13 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。